ハンドベルの演奏準備・演奏方法

ハンドベルは、誰にでもできて簡単です。よりよい演奏の為、正しい演奏方法を身につけましょう。

基本演奏法・演奏準備


ベルプラスでは、わかりやすい映像を提供しています。ぜひ見ていただいて正しい演奏方法を身につけましょう。
ベルプラスでは、わかりやすい映像を提供しています。

用意するもの

ハンドベルの演奏は、立って行います。ハンドベルを置くための机を用意してください。

ABC表記とドレミ表記 の併記。

ABC表記とドレミ表記 の併記。
(ピアノの中央のド(C)の位置が解ります。)
ベルの鍵盤シート 23音の音域

ハンドベルの握り方(演奏法:1)

  1. ハンドベルを胸の前に移動します。
  2. 利き手の小指をハンドルからはずし、4本の指で軽く握るように、親指はハンドルと平行になるようにします。
  3. ハンドベルは軽いものですから、決して力む必要はありません。
ハンドベルの握り方

基本姿勢(演奏法:2)

ハンドベルを正しく握り、楽な姿勢で背筋をのばします。斜め前方にハンドベルを差し上げます。
 

基本演奏法の動画で確認できます。

基本姿勢

基本姿勢

ハンドベルの振り方(演奏法:3)

ハンドベルは金属部分に玉(クラッパー)をあてるように振ると音がでます。
ベルの音域によって音の響きやすい(出やすい)ベルと響きにくい(出にくい)ベルがあります。工夫して演奏してください。 低音は音が出にくい感じがあります。

ハンドベルの振り方

演奏をする準備

  1. 机を用意してください。
  2. ハンドベルの鍵盤シートにドレミを確認してハンドベルを置いてください。
  3. 慣れるために、左から順番に軽く鳴らしてみてください。
  4. 使用するハンドベルの音を取り出します。
演奏をする準備

ハンドベルの鍵盤シートを拡げて音域を確認。
例 : シルバー23音ハンドべル
 
演奏をする準備

ベルの表示もドレミ表記です。